• スエズ運河拡張工事の完了について

    2015年8月10日

    スエズ運河庁発表によると、スエズ運河の拡張工事が完了し、2015年8月6日完成式が行われました。全長193kmのうち72kmの区間で運河が拡張され、これまで南北交互通行だった区間でも両側通行が可能になりました。これにより運河通過時間が短縮されるなど、利便性の向上が期待されます。更に詳しく



  • 燃費報告制度のCO2に関する欧州規則(MRV規則)について

    2015年6月5日

    2015年4月28日燃費報告制度のCO2に関する欧州規則(MRV規則)が採択され、2015年7月1日からMRV規則が発効されます。これにより、船籍国に関わらずEU加盟国管内の港に寄港する5000GT以上の船舶には、燃料消費量を監視する為の計画書及び年間のCO2排出量記録報告が義務化されます。更に詳しく



  • 船体付着物に関する新規則について

    2014年7月7日

    ニュージーランド政府の第一次産業省は、IMO 2011 MEPC 207(62)決議に準拠した船体危機管理基準を定め、全ての船舶を対象に船体付着物に関する新規則を2018年5月15日より施行すると発表しました。対象となるのは他国からニュージーランドに寄港する全ての商船、油槽船、プレジャーボート等を含むとなっています。更に詳しく



  • SOLAS条約の新ルールについて

    2014年6月20日

    MSC91にて採択されたSOLAS条約第III章第17-1規則により、「海上漂流者回収に関する計画及び手順書」の所持が2014年7月から新造船及び既存船に義務付けられます。(2014年7月1日以降の新造船。既存船に対しては同日以降の最初の中間検査又は貨物船安全設備証書の更新検査のいずれか早い時期まで。)更に詳しく



  • 新NYPEの協議草案について

    2014年6月12日

    新NYPE の協議草案が BIMCO より発表されました。定期傭船契約書式 NYPE 1993 発行から既に約20年が経過しましたが、海運界の環境変化、それに伴う新条約の施行等に則した、より使い易い書式が求められていました。 BIMCO はASBA/SMFと協議を重ね、5月にDubaiで開催された委員会に新NYPEの協議草案を発表し承認されました。今後、更なる 協議を重ね、今秋には 新NYPE が発行される見込みです。なお、弊事務所では同草案の検討及び試訳を始めております。詳細はBIMCOをご覧下さい。



  • 電子B/Lの取扱いについて

    2014年5月22日

    電子商取引システム・B/Lの普及にともない、かねてから要望のあった電子B/Lの取扱い条項についてBIMCO よりElectronic Bill of Lading Clause for Charter Party が 2014年5月20日付けSpecial Circular にて発表されました。詳細はBIMCOをご覧下さい。

  • ウェブサイト リニューアル

    2014年5月9日

    日本の法律事務所としては最も早い時期からjapanlaw.co.jpのURLで親しまれてまいりましたウェブサイトを全面的にリニューアルしました。より使い勝手のよいデザイン、掲載する情報の配置や構成を見直しました。今後とも、内容の充実を図ってまいります。

  • 事務所移転のお知らせ

    2013年8月吉日

    このたび長年慣れ親しんだ茅場町から水天宮に事務所を移転することになりました。 これを機会に職員一同皆様のご期待に添うべく更なるサーヴィス向上を心がけ仕事に精進してまいります。 新事務所での営業は8月12日からとなります。 皆様のお越しを心よりお待ちしております。更に詳しく

Our History
沿革
 
Our Services
取扱分野
 
Our People
所属弁護士
     
Publications
論文
 
Link
リンク
 
Our Office
アクセス